商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2017.9.15(金)

三谷産業
ベトナムADMS社、工場増築竣工。延床面積を従来の約2倍に拡大、生産能力増強

工場増築部分外観
工場増築部分内観
三谷産業(本社・石川県金沢市/社長三谷忠照氏)のベトナム子会社で樹脂・エレクトロニクス事業における車載向け樹脂成形品・樹脂成型品と電子部品を組み合わせた複合ユニット製品の製造を行う、Aureole unit-DevicesManufacturing Service Inc.(本社・ベトナム社会主義共和国ドンナイ省ビエンホア2工業団地/社長柏原 芳博氏、ADMS 社)は、本年2月に着工した工場増築の完工に伴い、8月29日に竣工式を行った。

自動車業界において車載部品のエレクトロニクス化が進んでおり、樹脂成型品に電子部品を組み合わせた複合ユニット製品の需要が、今後ますます拡大。日系自動車メーカーが数多く進出するASEAN 地域において、複合ユニット製品の本格生産・樹脂成型品の新規大型案件に対応、ADMS 社の工場を増築、生産能力を増強する。

今回の増築はADMS 社既設の工場建屋とFujitsu Computer Products of Vietnam, Inc.(本社・ベトナム社会主義共和国ドンナイ省ビエンホア2工業団地/社長渡辺伸寿氏/今年6月に同社連結子会社化、FCV 社)に隣接する敷地に工場を拡張、延床面積5391m2。既設部分と合わせると同9775m2と従来の約2倍に拡大。成形、組立および検査エリアを新たに設置し、作業動線の改善や自動化による効率化、生産設備の増設によってベトナム屈指の生産能力を保持する工場となる。三谷産業グループが掲げる「良品しかつくらない製造工程」を構築すべく、生産準備活動の徹底にも取り組む。

今後は、FCV 社が製造する電子部品とADMS 社が製造する樹脂成形品を組み合わせた複合ユニット製品の組立ラインを増築部の2 階に本稼働させ、業容拡大を図っていく。
<工場増築の概要>

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。