商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2017.9.12(火)

三谷産業
樹脂・エレクトロニクス事業拡大、広島事業所新築移転

地鎮祭の様子(三谷社長)
新社屋完成イメージ
三谷産業 (本社・石川県金沢市、社長三谷忠照氏)は車載向け樹脂成形品や電子部品の製造・販売を行う樹脂・エレクトロニクス事業の拡大のため、広島事業所を新たに建設・移転する。

同事業所は、広島営業所と技術力向上・新工法の具現化を主導するトライアルセンターで構成。8月22日、来年3月の竣工に向けて地鎮祭を開催した。

同社グループの樹脂・エレクトロニクス事業では、樹脂成形品の量産やそれを電子部品と組み合わせた複合ユニッ ト製品の製造をベトナムの工場で行っているが、 不良を出さないためには量産の前工程にある生産準備の徹底が欠かせない。 「良品しかつくらない製造工程」 を標語に掲げて高いレベルでの品質保証に取り組むとともに、 技術力向上・新工法の具現化を主導する施設として、 「トライアルセンター」 を設置。今回、広島で新設・拡大するトライアルセンターは、従来の機能に加え、金型製造のリードタイム短縮への取り組みや治具の試作・共通化、今後本格生産する複合ユニット製品の試作・検証などの機能を強化する。

同事業所の設計・施工では、同社空調設備工事事業において推進しているBuilding Information Modelingという技術を活用、 建設現場での施工管理業務の負荷低減にも取り組む。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。