商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2017.9.7(木)

日本分析機器工業会・日本科学機器協会
JASISを19年2月大阪で初開催予定、今回からWebExpo開始

JAIMAの会長栗原権右衛門氏
JSIAの会長矢澤英人氏
日本分析機器工業会(JAIMA、会長栗原権右衛門氏)・日本科学機器協会(JSIA、会長矢澤英人氏)主催の展示会「JASIS(アジア最大級の分析・科学機器専門展示会)2017」が幕張メッセで6日開幕、8日まで開催される。

6日、JAIMAの会長栗原権右衛門氏は「今回の出展規模は506社・機関、1478小間で過去最高を記録した。新技術説明会などのセミナー・講演会等は約500セッションが開催される。特別企画としてライフサイエンスイノベーションゾーンと昨年からスタートしたオープンソリューションフォーラム〜テーマ別新技術説明会の2本を実施する。分析機器の活用が特に期待されるライフサイエンス、自動車、環境、食品を取り上げ、様々なソリュションがオープンに紹介され、参加の皆さんが新しいつながりやアイデアを見出せる場として更に成長させていきたい」と意気込みを語った。JSIAの会長矢澤英人氏は「2012年から「分析機器・科学機器遺産」認定事業を始め、2016年まで5回にわたり実施した。JASIS2017開催にあわせ、書籍「科学と産業を支えた分析機器・科学機器遺産」を発刊した。分析機器・科学機器(イベントスクエア内)にて来場者特典として無料配布を行っている。多くの方々に手に取って頂き、分析機器・科学機器、理化学をはじめとする化学機器の意義を学び業界の未来の為にお役立て頂きたい」と「科学と産業を支えた分析機器・科学機器遺産」発刊の意義について述べた。JASIS委員会の長谷川武義委員長がJASIS WebExpo2017の概要・関西地区のJASIS開催を発表した。

JAIMAとJSIAは千葉・幕張メッセでの展示会は18年以降も毎年開催し、2019年2月に同展を大阪で初開催する。
JASIS WebExpo2017ご案内 JASIS WebExpo2017開催概要
JASIS関西(仮称)告知 書籍「科学と産業を支えた分析機器・科学機器遺産」表紙
JASIS2017会場 オルガノ
キッツマイクロフィルター 昭和電工
日本レーザー 兵神装備

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。