商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2017.8.23(水)

メカトロテックジャパン(MECT)2017
10月18〜21日の四日間、ポートメッセなごやで開催。セミナー申し込み開始

今年10月18〜21日の四日間、ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)で開催されるFA技術の専門展「メカトロテックジャパン(MECT)2017」(主催:ニュースダイジェスト社、共催:愛知県機械工具商協組)で実施されるセミナーの聴講予約が8月21日から始まった。

今回のセミナーでは「自動車」「航空機」「宇宙」をテーマに、各分野に精通した6人の講師がものづくりの今後について講演。トヨタ自動車常務理事・近藤禎人氏が新しいクルマづくりへの取り組みについて講演するほか、ボーイングバイスプレジデントのレーン・バラード氏が米国から来日し航空宇宙産業における生産動向について紹介。また民間企業の参入が相次ぐ宇宙ビジネスに取り組むベンチャー企業の代表者が、日本の宇宙産業の可能性について語るなど、今聞きたい話題が盛りだくさん。

開催場所は交流センター3階会議ホール。
開催時間は@13:00〜14:00、A14:20〜15:20。
聴講料は無料。各セミナーとも定員は400人、事前登録で先着順。申し込みはウエブサイトから。

【セミナー概要】
▽10月18日(水)テーマ「クルマづくり最前線」
@「次世代に向けた新しいクルマづくり」(トヨタ自動車常務理事パワートレーンカンパニー量産開発生産技術担当 近藤禎人氏)
A「飽くなき挑戦」(マツダパワートレイン開発本部エンジン設計部部長 林裕二氏)

▽19日(木)テーマ「進化する航空機産業」
@「航空宇宙産業における生産の動向」(ボーイング マテリアルマニュファクチュアリングテクノロジー担当バイスプレジデント レーン バラード氏)
A「航空機用ジェットエンジンのものづくり技術〜自動化への取り組み〜」(川崎重工業ガスタービン・機械カンパニー ガスタービンビジネスセンター生産総括部総括部長 三島悦朗氏)

▽20日(金)「宇宙ビジネス新時代」
@「北海道から宇宙へ打上がるロケットの現状と今後の産業発展」(インターステラテクノロジズ代表取締役 稲川貴大氏)
A「アストロスケールが目指す宇宙ビジネス」(アストロスケールCEO岡田光信氏)

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。