商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2017.8.19(土)

リンナイ
ガス瞬間式給湯器、米国で現地生産開始

リンナイ(愛知県名古屋市)は、今後の米国市場の拡大を見据え、2018年4月から家庭用ガス瞬間式給湯器の現地生産を開始する。

貯湯式(タンク式)給湯器が主流の米国市場において、同社は1999年から米現地法人の「リンナイアメリカ」(米ジョージア州)を通じてガス瞬間式(タンクレス)給湯器の販売を開始。年々需要が拡大しているという。

リンナイアメリカの販売台数は15年に20万台を超え、2016年には23.7万台、2017年は27・4万台を計画している。同国の給湯器市場は年間900万台と推定されており、今後もガス瞬間式給湯器の継続的な販売拡大が見込めることから、現地生産を決定した。

まず、ジョージア州グリフィン(アトランタから南へ約60km)に所在する米国企業所有の建屋を賃借し、2018年4月からガス瞬間式給湯器の生産を開始する。投資金額は約800万USドル(約8.6億円)生産能力は年間10万台。

さらに、2019年初旬にはグリフィン工業団地内で新工場を着工し、稼動後(2021年1月予定)は、賃借工場での生産を終了する。新工場の生産能力は同20万台となる見込み。投資金額は約7100万USドル(約78億円)。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。