商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
Information
2017.8.7(月)

日本工作機械工業会
第58回野球大会 コマツNTCが優勝

閉会式
日本工作機械工業会(会長飯村幸生氏)主催の第58回野球大会は8月3〜8月4日の両日、東京・品川区の大井埠頭中央海浜公園野球場で開催され、コマツNTCが3―0でオークマを下し、2年連続7度目の優勝を飾った。

今回はDMG森精機、シチズンマシナリー、コマツNTC、浜井産業、三井精機工業、牧野フライス製作所、オークマ、ジェイテクト、ヤマザキマザックの9チームが参加。2日間にわたって熱戦が繰り広げられた。

2日目の閉会式では、石丸大会運営委員長が「初日から優勝戦まで大変緊迫したいい試合が多かった。昨年にもましていい陣容で臨んでいただき、存分に悔いのない試合だった。今回の大会を通じて得られた教訓を持ち帰っていただき、来年も盛大な野球大会が出来る事を期待している」と選手の健闘に賛辞を贈った。

順位と個人賞は次の通り。
【順位】優勝=コマツNTC、準優勝=オークマ、3位=ジェイテクト、4位=シチズンマシナリー、5位=DMG森精機、6位=ヤマザキマザック、7位=牧野フライス製作所、8位=浜井産業、9位=三井精機工業。
▽最高殊勲選手賞=小林真吾投手(コマツNTC)
▽敢闘賞=古田光希捕手(オークマ)
▽首位打者賞=原圭輔内野手(ジェイテクト)
▽優秀選手賞=永森久士捕手(コマツNTC)、奥川裕介外野手(オークマ)、山品雄大投手(ジェイテクト)、下村雅樹投手(シチズンマシナリー)。
大会運営委員長の石丸雍二日工会専務理事が閉会挨拶 優勝したコマツNTC
2位のオークマ 3位のジェイテクト
4位のシチズンマシナリー 最高殊勲選手賞 小林真吾投手(コマツNTC)賞状授与
最高殊勲選手賞の小林真吾投手(コマツNTC)(中央) 優勝したコマツNTCナイン

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。