商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2017.7.28(金)

日立アプライアンス
太陽光発電向けパワコン、ラインナップ強化 9月20日に発売

日立アプライアンス(東京都港区西新橋2の15の12、社長コ永俊昭氏)は、住宅用・産業用太陽光発電システム向け「屋外設置用パワーコンディショナ」(定格出力5・5kW)の耐塩害仕様(標準)HSS‐PS55EMTと、耐重塩害仕様HSS‐PS55EMTE(受注生産品)を9月20日に発売する。

新製品は、制御回路への低損失なSiCダイオード採用に加え、日立独自のインバータ技術を用いることにより、高い電力変換効率96・5%を実現した。さらに、太陽電池モジュールで発電した直流電力を交流電力に変換する際、定格出力を超えないよう電力をコントロールする。これにより、定格容量以上の太陽電池モジュールを搭載することができ、日照量が少ない時でも発電量を増やすことが可能。

また、最大許容入力電圧450Vに加え、最大入力電流を従来の40A(1回路あたり10A)から44Aにアップしたことで、短絡電流11Aまでの太陽電池モジュールと接続できる。

問い合わせは、同社家電ビジネス情報センター(TEL:0120‐3121‐19=フリーコール)。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。