商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2017.5.10(水)

ブラック・アンド・デッカー
5月中旬、『100mmディスクグラインダー』発売
削る、磨く、切る、さび落としなど金属加工はおまかせ!最軽量水準のボディでパワフルな研削を実現

100mmディスクグラインダー「G650」
毎分1万2000回の高速回転でパワフルな研削を実現
サイドハンドル
取り付け位置(右)
サイドハンドル
取り付け位置(左)
ブラック・アンド・デッカー(本社/米国コネチカット州、CEOジェームス・ローリー氏)は、高速回転する砥石によって金属の面取りやサビ落としなど幅広い用途に使える電動工具『100mmディスクグラインダー(品番G650)』を5月中旬よりホームセンターや公式オンラインショップなどで発売する。

ディスクグラインダーは、高速かつパワフルに回転する砥石によって、金属の研削やサビ落としなどが効率よくでき、さまざまな種類のディスク(別売)を付け替えることで金属の切断や磨き、コンクリートの切断、木材の研削や装飾仕上げなど幅広い用途に使うことができる。同製品は従来モデルに比べ約8%軽量化、業界最軽量クラスの1.25kgのコンパクト設計で、650Wモーターによる毎分1万2000回の高速回転でパワフルな研削を実現した。手元で操作しやすいスライドスイッチや砥石が滑りにくく安定性に優れたラバー付きのフランジを採用など、使い勝手の向上を図った。

サンダーや切断工具に比べ金属の加工が効率的に行え、家まわりや庭などの屋外のDIYやメンテナンスなどに最適。

本体に研削砥石1枚が付属、参考価格は4000円前後(税別)。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。