商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
NewProducts
2017.4.11(火)

金山化成
ポリスチレンフォーム保温材「SKパイプカバーW」を発売

金山化成(社長一柳典行氏)の建材営業部/東京営業部(愛知県西尾市米津町北浦16-2 TEL:0563-56-2334/東京都千代田区鍛冶町2-3-14フェリスビル5F TEL:03-5266-5631)は、ワンタッチで施工でき、仮止め作業も不要となることから大幅な施工時間短縮、コストダウンも実現するビーズ法ポリスチレンフォーム保温材「SKパイプカバーW」を発売した。
今回市販されたタイプはSKパイプカバーW 15Aから80Aの20mm厚8種類。価格は従来とほとんど変わらない。

同社ではこれまでJIS規格品のパイプカバーやエルボ・フランジカバーなどを生産・販売してきたが、施工現場から「もっと簡単に施工したい」「作業のスピードアップ化を進めたい」「施工精度を上げたい」などの要求に応え、ヒンジ機能と仮止め機能を持たせるなど付加価値をプラスした新製品を開発した。

主な特長は
@一体成型により従来のスチロールカバーで手間となっていたテープなどによる仮止めが不要で、施工時間を大幅短縮
A配管に取り付ける際、ワンタッチで仮止めできる機能を搭載。これまでのスチロールカバーは繊維系のカバーと比べ施工性が弱点とされていたが、背面のヒンジ機能により施工性が格段に向上
B日本工業規格に準拠した品質管理を行っており、品質面でも優れた断熱性能を発揮。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。