商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
オーエスジー 小間番号
INDEX

出展テーマ shaping your dreams〜お客様の夢をカタチに〜

オーエスジーは、国内・海外グループでのコーポレートブランドの強化をはかり、その新たな指針となるタグライン"shaping your dreams"を制定した。オーエスジーブランドのあるべき姿を明確にし、顧客と社会に新たな価値を届けることを目指す。地球規模で事業展開する総合工具メーカーとして顧客とのコミュニケーションを土台に、ブランドステートメントとして掲げる高品質で高性能な製品を作り出す確かな「技術力」、真摯な姿勢で粘り強くやり遂げる「対応力」、期待の先を行く「提案力」と「創造力」の4つの力を掛け合わせ顧客の夢をカタチにすることで、ものづくり産業の発展と豊かな未来の実現に挑む。

展示概要
オーエスジーは、更なるマーケットシェア拡大を目指して「Aブランド」の充実をはかりJIMTOF 2018にてAブランドの新製品を多数お披露目する。また、航空機、自動車に関連したワークと工具を展示し、最先端加工技術をアピールする。

出展製品紹介

Aブランド ロング刃長エンドミル「AE-VML」
JIMTOF2016でデビューを果たしたAブランドのエンドミルAE-VMSシリーズに、ロング刃長のAE-VMLが新たに追加され、今回初披露される。「新たなミーリングスタンダード」と題して、ショート形の発売をスタート、その後ラジアスタイプ、スタブ形とサイズとバリエーションを拡大してきた。AE-VMSシリーズは、多種多様な被削材・幅広い加工に対応し、高能率加工と、作業時間短縮、コストダウン、加工面の仕上がりにこだわって開発された。潤滑性・耐摩耗性・高温耐酸化性に優れる新“デュアライズコーティング”を施し、複合多層構造がサーマルクラックを抑制する。切れ味の良いポジ刃形で切削抵抗を低減、高剛性と切りくず排出性を両立した新溝形状により、バリ発生を抑制。不等リード・不等分割の採用でびびりを抑制し、安定した高能率加工を実現する。

今回のAE-VML ロング形は、さらに進化し大きな芯厚により高剛性を実現し高速側面切削を可能にする。また刃先からシャンクにむけて芯厚が変化するウェブテーパにより、工具剛性を向上させ、加工面の倒れを防止する。さらに強ねじれ仕様で、切削抵抗を低減し、安定加工を可能にし、従来の不等分割・不等リードに加えて、マイクロレリーフの採用で、びびり抑制効果をさらに高め、安定した高能率加工を実現している。

Aブランド 高能率3枚刃超硬ドリル「ADO-TRSシリーズ」
今回のJIMTOFで初披露するAブランドの新製品、高能率3枚刃超硬ドリル「ADO-TRSシリーズ」。3枚刃の油穴付き超硬ドリルで、幅広い被削材で安定した高能率加工を可能にする。
高い耐久性でおなじみのEgiAs(イージアス)コーティングを採用し、広いチップポケットで、切りくずをスムースに排出する。新開発のRギャッシュを採用し、3枚刃ドリルでも、2枚刃に匹敵する低いスラスト抵抗と抜群の切りくず分断性と切りくず形状安定性で、切りくずトラブルの低減を可能にした。
3Dタイプと5Dタイプの2種類を用意し、軟鋼・低炭素鋼、炭素鋼、合金鋼、鋳鉄、ダクタイル鋳鉄と幅広い材料に対応し、安定した加工を実現する。直径・長さ違いの特殊品や、その他アルミニウム合金用の特殊品も要望に応じて対応する。発売は2019年春を予定。
既存の3枚刃油穴付き超硬ドリル“メガマッスルドリル”(TRS)から驚きの進化を遂げた新製品であるこの「ADO-TRSシリーズ」のニックネームを一般公募しJIMTOF会場で発表というオーエスジー初の試みを実施する。発表イベントを11月2日10時30分頃から同社ブースで行う。
この2年間で何が進化したか

オーエスジーは長期ビジョンとして、世界トップの穴加工用切削工具メーカーを目指しタップ、超硬ドリルを中心に製品の製造販売の拡充をはかっている。そのひとつとして、「Aブランド」を販売する新流通組織「Aクラブ」を国内外で立上げグローバル規模で展開している。また、基礎技術(材料、コーティング、研削技術)の向上をはかりソリッド工具と刃先交換式工具で、お客様にさらなるトータルソリューションの提供を目指す。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。