商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
安田工業 小間番号 E3030
INDEX

出展製品紹介

立形5軸マシニングセンタ「PX30i」
標準で323本ATCと33面APCを採用。長時間に渡る無人連続運転が可能。標準搭載しているYASDA製のスケジュール機能でパレットへのプログラムの登録、加工順番決め・変更等を行うことで、かつてない生産性を実現。YASDAの機械作りのノウハウとキサゲによる作り込みにより高い位置決め精度を実現している。傾斜円錐加工試験において真円度3.1μmを達成。

▽軸移動量X/Y/Z=680mm/400mm/500mm
▽作業面の大きさ=Φ185mm
▽最大積載質量=80N.M
▽主軸形式=SA40-20000-18.5
▽主軸回転速度=100〜20000rpm

立形5軸マイクロセンタ「YMC 650+RT20」
HSK-E40スピンドルを開発。従来のHSK-E32スピンドルよりも高い剛性を備え、重切削性を向上させている。YMC650の従来の高精度な機械構造とHSK-E40スピンドルを組み合わせることによって重切削性と高精度仕上げを両立させた。5軸オプションではYASDA製ロータリーテーブルRT20が搭載されています。RT10よりもさらに大きいワークディメンジョンを備えつつ、高い5軸加工の精度を実現した。

▽傾斜軸移動量(B軸)=−10〜100deg.
▽回転軸移動量(C軸)=360deg.
▽最大積載量=35kg
▽最大設定単位=0.00001deg.
▽主軸形式=HSK-E32(標準)
▽主軸回転速度=200〜40000rpm

立形3軸マイクロセンタ「YMC 430 Ver.V」
熱変異による軸中心のズレを防ぐため、各軸左右対称な構造を採用。±0.2度に温度管理した冷却液を機体内に循環させて機械の熱変異を抑制する機体温度制御システムを準備。長時間に渡る加工でも安定した高精度加工が可能。前後左右対称な構造のスピンドルヘッドを採用。熱変位による軸心のズレを軽減している。

▽軸移動量(X/Y/Z)=420mm/300mm/250mm
▽作業面の大きさ=600mm×350mm
▽最大積載量=100kg
▽主軸形式=HSK-E20
▽主軸回転速度=200〜40000rpm

立形5軸マシニングセンタ「YBM Vi40 Ver.U」
CNCジグボーラーシリーズの3軸機の高精度・高剛性な基本構造を踏襲しており、高い切削能力を持っている。高い割り出し精度を誇るYASDA製の5軸テーブルユニットを搭載することで、円錐加工の真円度で2.32μmという抜群の5軸加工精度を備えている。高精度と高剛性を兼ね備えたYBM Vi40は冷間鍛造に使われる高硬度材の高精度な5軸加工において高いパフォーマンスを発揮する。

▽軸移動量(X/Y/Z)=900mm/500mm/450mm
▽作業面の大きさ=Φ400mm
▽最大積載量=200kg
▽回転軸移動量(C軸)=360deg.
▽傾斜軸移動量(B軸)=±110deg

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。