商工経済新聞社 Home 機械新聞はこちら 管材新聞はこちら
エヌティーツール 小間番号 W2019
INDEX

出展製品紹介

@絶対に見てほしい製品

スリムハイドロチャックブラスターシリーズ
PHC・SA-C型/PHC・SA-NC型
細身油圧チャックとして、効能率加工と刃具寿命の向上を追求した。
PHC・SA-C型
複雑な形状や深堀加工では、クーラント外掛けだけでは冷却が不十分になりがちという問題があるが、本製品ではチャック先端と刃物シャンクとの隙間からクーラントを吐出することで刃先までの確実なクーラント供給を可能にした。
PHC・SA-NC型
先端キャップ部を交換することで、刃先の位置・形状に応じてクーラント吐出位置を変更可能。主軸回転の遠心力によるクーラントの拡散を抑制し、小径のテーパボールエンドミル加工でも切削部へピンポイントでクーラントを供給可能とした。

ハイドロチャックオメガ
PHC・H型
重切削加工において、高能率刃具の性能を最大限に発揮すべく高剛性、高把握力を追求。従来のミーリングチャック同等以上の能力を有する。独自のスリーブ全体収縮構造で、エンドミル側面切削時の加工面傾き(取り残し)を抑え、弊社ハイドロチャックシリーズの特長である「高精度」「高い振動吸収効果」により加工面粗さを向上させる。加工後のゼロカットを低減し、次工程の負荷低減に寄与することでサイクルタイムの低減につながる。

A絶対見てほしい我社の技術

非接触式ツールプリセッタAegis-iシリーズ AOTP型/SOTP型
ソフト・ハードともに完全自社開発の非接触式ツールプリセッタシリーズ。使用する立場で作られた操作画面は使いやすく、操作に迷うことがないため、ヒューマンエラーを低減する。また非接触式測定なので、ダイヤモンド工具やCBN工具の刃先を痛める心配がなく、接触式では測定できなかった様々な刃具形状の測定が可能。さらにホルダ引込機能にはメカクランプ方式を採用。高精度かつ高繰り返し精度を実現。
AOTP型
お客様のご要望に応じてソフトウェアのカスタマイズが可能。機上でコレットホルダの締付けが可能なので、作業工数を削減できる。

測定範囲はZ軸:0〜500mm X軸:0〜400mm。
SOTP型
よりシンプルに、よりコンパクトに、コストパフォーマンスを追求した高機能プリセッタ。オプションとして機上でのコレットホルダの締付け機能を選択可能。

測定範囲はZ軸:0〜400mm X軸:0〜300mm。

Bこの2年間で何が進化したか

油圧チャッキング技術
前回、スリムハイドロチャックブラスターは参考出品であったが、この度正式に販売開始となった。油圧チャッキング技術を中心に、ハイドロチャックやマンドレル、ワークチャックなどの商品展開を今後も進めていく。
ツールプリセッタ技術
全自動ツールプリセッタを参考出品。ロボットを用い、全自動でホルダや刃物の交換を行う。IoTにも対応し、製造現場の高能率化を後押しする製品づくりを目指す。

このサイトに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。サイトの著作権は商工経済新聞社に帰属します。